糖尿病有病率世界ランキング

世界の糖尿病人口は爆発的に増え続けており、2014年現在で糖尿病有病者数は3億8,670万人(有病率 8.3%)に上る。有効な対策を施さないと、2035年までに5億9,190万に増加すると予測している。




日本は糖尿病有病者は世界ランキングの10位というベストテン入りです。
糖尿病有病者のベストテン入りは嬉しくないですね。

国際糖尿病連合(IDF)の発表によると、2014年現在の世界の糖尿病有病数は3億8,670万人に上る。

20~79歳の成人の有病率は8.3%で、12人に1人が糖尿病有病者と推定されている。



「糖尿病アトラス」では、世界を7地域に区分し統計値を出している。

日本が含まれる西太平洋地域は、世界でもっとも糖尿病人口の多い地域だ。
糖尿病有病数は1億3,780万人(成人人口の8.5%)で、全世界の36%がこの地域に集中しており、2035年までに2億180万人に増加すると予測されている。
中国とインドネシア、日本の3国が世界ランキングの上位10位に名を連ねている。


世界の糖尿病患者数

世界の糖尿病患者数






西太平洋地域は糖尿病人口が多いにも関わらず、費やされている糖尿病の医療費は全世界の16%に相当する約12兆円(1,010億ドル)だ。




世界ランキングでは第1位中国(9,629万人)、第2位インド(6,685万人)、第3位米国(2,578万人)となり、上位3ヵ国の順位は昨年と同じだ。日本の現在の成人糖尿病人口は721万人で、昨年の720万人から微増し、ランキングでは昨年と同じ10位となった。




糖尿病ネットワークより引用(http://www.dm-net.co.jp/calendar/2014/022710.php)


日本ばかりではなく世界的にも糖尿病という病気の治療の遅れが目立つようですね。
自覚症状の現れにくい病気だけに糖尿病の発見の遅れ・治療の遅れが目立つようです。




This entry was posted in 糖尿病とは. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>