糖尿病の診察基準は日本糖尿病学会で決められます。

糖尿病は日本糖尿病学会の糖尿病診断基準検討委員会というところでいろいろなデーターを元に糖尿病の基準が定められているようです。


またこの糖尿病の基準も生活環境等によって見直されるようです。


糖尿病とは、インスリンが不足または、働きが悪くなり血液中にブドウ糖が必要以上にたまった状態です。

糖尿病発症の初期にはほとんど自覚症状がありません。
糖尿病を放っておくと、さまざまな合併症が忍び寄ってきます。

早朝から良好な血糖コントロールをすると、健康な人に近い生活を送ることができます。

・なかなか現れない自覚症状

糖尿病では、軽症の場合には自覚症状がほとんどありません。
次のような症状は、ある程度病気が進行すると現れます。
少しでも症状を感じたら適切な検査を受けましょう。


・自覚症状

多尿 水分を多くとる 体重が減る 疲れやすい 空腹感が強く沢山食べる
手足がしびれる、足がつる。



・どうして糖尿病になるの?

糖尿病の多くは、遺伝的な体質に、過食、食事の偏り(脂肪の多い食事)、
肥満、運動不足やストレスなどの生活習慣の乱れが加わって発症するといわれています。



・糖尿病の診察基準

次のいずれかに当てはまる場合は「糖尿病」と判定されます。

1-早朝空腹時血糖値126mg/dl以上が確認された場合
2-75gブドウ糖負荷試験で2時間血糖値200mg/dl以上が確認された場合
3-随時血糖値200mg/dl以上が確認された場合
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
●別の日に検査して再び1~3に該当すれば糖尿病と診察されます。

次の1~4のいずれかの場合は、一回の検査が「糖尿病型」であれば、糖尿病と診察されます。

1-糖尿病の典型的な症状(口渇、多飲、多尿、体重減少)がある。
2-HbA1cが6.5%以上
3-糖尿病網膜症がる。
4-過去に「糖尿病型」を示したデータがある。



★糖尿病ミニミニ辞典

糖尿病は肥満と大いに関係がありそうですね。
肥満度と糖尿病を調べた調査では、男女ともBMI(肥満度)が高いほど、糖尿病の有病率が高い結果になるとデーターが示しています。

太っている人が全て糖尿病ではないですが、比較的肥満の方が糖尿病になる確率は高いようです。

やはり適度な運動などを心がけ、肥満にも注意が必要です。

This entry was posted in 糖尿病とは. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>