糖尿病は定期検査で初期症状の見落しを防ぐ

糖尿病の初期症状の見落としがとんでもないことになって。。。。

身近に糖尿病で苦しんでおられる方が居るだけに、ますます糖尿病の怖さを実感しています。
糖尿病のために光をなくされた方、一人は糖尿病の進行から足を切断され不自由な生活を虐げられています。

なんとお慰めして良いのやら。。。。

どちらの方も病院に行った時には手遅れの状態だったとか、もっと早くに定期検診で初期症状を発見できていれば。。。。
定期検診で見落としがなければ。。。

怖い糖尿病、厄介なことに初期の段階ではなかなか自覚症状が現れにくいのがなんとももぞかしいですね

糖尿病は「検査の病気」と呼ばれ、治療を始めたら常に経過を観察することが大切です。

糖尿病は自覚症状が乏しいため、定期的に検査をすることによって、血糖コントロールの状態や合併症が起きていないかなどを
知ることが出来ます。

血糖コントロールの良し悪しは、血糖値やHbA1cから評価します。

血糖値とHbA1cについて

検査の種類 -血糖値ーそのときの血糖の濃さ 良好  
                          空腹時   120mg/dl未満
                          食後2時間 160mg/dl未満

                      まあまあ
                          空腹時   140mg/dl未満
                          食後2時間 200mg/dl未満

検査の種類ーHbA1cー 過去1~2ヶ月間の血糖コントロール状態

                               良好 6.0% 未満
                             まあまあ 7.0% 未満

糖尿病ミニミニ辞典

HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)とは?
ヘモグロビンは赤血球の中にあって酸素を運ぶ働きをしています。

このヘモグロビンにブドウ糖がくっついたものをHbA1cといい、血糖値が高くなると増加します。

HbA1cを見ることによって、過去1~2ヶ月の血糖コントロールの状態を判定することができ大切な指標となります。

●合併症の予防と早期発見の為の検査

目の検査、尿検査、血液検査、血圧検査などを行いながら、上手に血糖コントロールができれば合併症を防ぐことが出来ます。

・眼底検査(糖尿病網膜症のチェック)
・尿中アルブミン、尿蛋白、血清クレアチニンなどの腎機能検査(腎臓のチェック)
・腱反射、振動覚、神経伝導速度の検査(末梢神経障害のチェック)
・足の検査(足の壊疽のチェック・予防)
・血清脂質検査、血圧検査(動脈硬化危険因子のチェック)
・心電図、心エコー検査、胸部X線撮影(狭心症、心筋梗塞のチェック)
・脳のCT,脳のMRI検査(脳梗塞チェック)
・GOT、GPT、Y-GTPなどの肝機能検査(肝臓チャック)

●自宅でも簡単にできる検査があります。

検査の中には通院時の定期検査だけでなく、自宅でも簡単に出来るものもあります。
たとえば、尿検査紙を使う尿糖検査や簡易な血糖測定器を用いて血糖値を測定する血糖自己測定などがあります。
いずれも主治医や看護師と相談したうえで効率的に行いましょう。

This entry was posted in 糖尿病とは. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>