糖尿病で喉が渇くなぜ?喉が渇く原因は?

糖尿病になるとまず喉が渇く、–喉が渇くと水を飲む–喉が渇く原因は?
ごくごく当たり前のようですが、糖尿病の場合の喉が渇いて水を飲む量は半端じゃないようですね。
大量の水を飲むようです。

 

ではなぜ糖尿病になると大量の水を飲むようになるのかその原因は?

糖尿病になるとすい臓で作られるインスリンが減ったり効果が弱まったりして、処理し切れなかった血液中にブドウ糖が増えます。
すると糖濃度の高さを察知した脳が「水を飲め!」と体に命令を出します。
水分を取ることで血液を薄めようとするんですね。

ところが、いつまでたっても濃度は高いままなので、ずっと大量の水を飲み続けるようになります。
この繰り返しが糖尿病になると喉が渇き水を飲む原因につながるようです。



私もよく水を飲みます。
大量の水を飲みますがこれには訳がります。


約10年前に「不安定性狭心症」と診断されて即入院、即手術ということになりました。
その後、血液をサラサラにするためにもできるだけ水を飲むように言われました。

1日約2リットルの水は飲むと思います。


またこれも13年ほど前になりますが、「37年間の喫煙歴、1日多いときは3箱(60本)・・禁煙にチャレンジしたときに・・・
–吸いたくなったら腹いっぱい水を飲む–これを繰り返しました。
おかげで禁煙は成功しました。


上記2つの理由でここ10数年は水を飲む癖がついているのでしょうか?喉が渇かなかっても自動的にペットボトルに手ば伸びます。


当然ながら、トイレの回数も多くなります。
一見、糖尿病と間違えるほどの水をのみ、多尿現象に糖尿病を疑う、またはもしかして糖尿病では(?)と思って今回、血液検査などを受けました。



幸いに糖尿病にはかかってないということで安心しました。

特別に理由もないのに喉が渇いて大量に水を飲むようになると糖尿病を疑ってみる。また糖尿病の検査などもしてみるのがよいでしょう。

This entry was posted in 糖尿病とは. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>