糖尿病知らない間に合併症が進行

糖尿病と診断されたにもかかわらず放っておくと、全身にさまざまな合併症が進行して手遅れになりかねません。

 

糖尿病は初期のころにはほとんど自覚症状らしきものもなく、普段の生活にもさほど不自由しないのでついつい治療をおこたり、自覚症状が出た時には糖尿病が進み思わぬところが合併症で。。。。。(?)
というのが糖尿病の怖いところです。

 

糖尿病の初期(進行が進まないうちは)には自覚症状があらわれにくき病気です。
そのために発見が遅れたり、重症化して手遅れ(?)ってこともありうるのです。

 

糖尿病・合併症

糖尿病・合併症

 

3大合併症の一つである糖尿病性網膜症が進行して失明するというようなことがあるのです。
実際に途中失明の原因のナンバーワンが糖尿病なのです。

 

知人のお父さんが糖尿病のために失明されその後の生活の話を聞いたことがありますが
途中失明は人生すべてを狂わします。

 

そんな怖い糖尿病もっともっと真剣に取り組まないと大変なことになります。

また血糖が高い状態は動脈硬化も促進させますので、心筋梗塞や脳梗塞の危険も高くなります。

 

・糖尿病の3大合併症

1、糖尿病性神経障害ー・末梢神経や自律神経が障害される。
・しびれ、痛み、立ちくらみ、顔面神経麻痺など、
・進行すると感覚が消失

1、糖尿病性網膜症ーー・網膜血管が障害される。
・最悪の場合は失明。

1、糖尿病性腎症ーーー・腎臓の血管が障害される。
・腎機能低下
・適切な治療をうけないと腎不全を起こす。

This entry was posted in 糖尿病とは. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>