糖尿病低血糖はなぜ起こる?低血糖に注意しましょう

糖尿病治療ではなぜ低血糖が起こるのか?。

低血糖を起こす疾患・原因には様々なものがあります。
最も多いのが糖尿病の薬物療法に伴うもので、インスリンの過剰な状態になった時に低血糖になります。


糖尿病でインスリン治療や経口血糖降下剤投与を受けている人が、食事を抜いたり激しい運動をしたりすると、薬が効きすぎて血糖が下がり過ぎます。


また薬の量を間違えてたくさん飲んだり、インスリンを多く打ち過ぎたりした時も、低血糖になります。

低血糖とは、一般に血糖値が70mg/dl以下になったときをいいます。
低血糖と感じたら絶対にガマンしなしで、主治医の指導どうり糖分を取って、安静にしてください。おさまらない場合は直ちに主治医に連絡してください。

注)α-グルコシダーゼ阻害薬を服用している患者さんが低血糖になった場合、砂糖ではなくブドウ糖をとらねばなりません。

急性合併症 糖尿病

急性合併症 低血糖

正常では、血糖値は70mg/dl以上に維持されています。
薬やインスリンの過剰により血糖が下がりすぎると、症状が現れます。
血糖値が70mg/dl以下になると異常な空腹感が現れ、動悸・震えなどの症状が出てきます。


糖尿病で普段高血糖状態にあると、これらの症状はもっと高い血糖値でも現れてきます。また血糖値の下がるスピードが速い時も、比較的高い血糖値で症状が現れ始めることがあります。


そして低血糖を放っておき血糖値が50mg/dl以下になると中枢神経の働きが低下、血糖値が30mg/dl以下になると意識レベルが低下し、昏睡状態から死に至ることもあり、その結果重大な事故につながることもあります。このような状況になる前に対処することが重要です。

*低血糖ではこんな症状があらわれます。
・冷や汗
・動機
・手先の振るえ

*低血糖はこんなときに起こりやすい!

・いつもより食事量が少なかったり、食事をとる時間がおくれたとき
・薬の量が適正でないとき
・いつもより激しい運動や労働をしたとき
・アルコールを飲んだとき
・解熱剤、鎮痛剤などの他の薬を服用したとき

This entry was posted in 治療. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>