糖尿病の運動療法を続けるコツは?

糖尿病の運動療法をつづけるコツは、無理のない運動を生活の中に取り入れることです。
習慣づけること、生活の一部として糖尿病の運動療法を取り入れることが長続きのコツです。


糖尿病の怖さは、医師からの説明、いろいろな文献などからもお分かりだと思います。
そして治療の難しさも理解されているとおもいますが、糖尿病を方はそれ以上進行させないためにも真剣に糖尿病の治療に取り組まなくてはなりません。


そんな一つに運動療法があります。
またなかなか続かないのも運動療法かもしれませんが頑張ってつづけるより仕方ないでうね~~
じっくり真剣に考えれば生活の中に運動療法をとりいれる方法はたくさんあります。


できるだけエレベーターには取らないで歩くとか・・
一つ前のバス停で降りておるくとか・・
短い距離の買い物などは車を使わず、自転車とか徒歩で買い物をするとか・・
考えれば運動療法を自分の生活スタイルに取り入れる方法はたくさんあります。

 

運動には、インスリンの働きを良くしたり、エネルギーとしてブドウ糖を使うことにより血糖値を下げる効果があります。


一番大切なことは長続きできる運動を生活の中にうまく取り入れることです。
でも、体調が思わしくないときや、運動中に様子が「おかしいな。。。。」と感じたら無理をせずに中止し、主治医に相談しましょう。


運動療法に取り組む前にはメディカルチャックを受けましょう。
自分にあった運動を選ぶことが大切です。

ジョギング夫婦

糖尿病、運動療法のコツは生活の一部に取り入れることです。


1日最低15分くらいを目安に「歩行」も立派な運動です。
自分の都合の良い時間を決めて毎日おこないましょう。


体重60kgの人が100kcalを消費する運動と時間

ウォーキング 25分前後
ジョギング  10分前後
テニス    10分前後
ゴルフ    20分前後
自転車(平地)20分前後
水泳(クロール 5分前後
生活の一部として糖尿病の運動療法を取り入れることが長続きのコツです。
This entry was posted in 治療. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>