糖尿病のパンフレットと指導書

糖尿病の予防にと指導要約などが書かれたパンフレットを渡されることがよくあります。

現在は狭心症の治療中ですが、その時に渡されるパンフレットは多義にわたります。 

指導要約的なパンフレットであったりまた狭心症、または糖尿病の概要を説明したパンフレットであったりと、いろいろな病名のパンフレットが先生の隣のワゴンの棚には山積むされています。 

各製薬会社が持ち込んだとパンフレットでしょう。
裏面には製薬会社名などが印刷されていますから。。。 

その中からその人の病名、糖尿病とか狭心症とか高血圧などなどその人の病名に関連するようなパンフレット、指導書を ”これ読んでおくように”と言って渡されます。 

次回に胃カメラの検査をするのですが、そのために今日は「胃」に関したパンフレットを渡されました。 

ここ数年間で渡されたパンフレットで多いのが高血圧のパンフレットです。
次いで多いのは食事関連の指導書的なものです。
レシピ表とか、食事療法の重要性について書かれたパンフレットもあります。 

 

糖尿病の食事療法とか、コレステロールを下げる食事のコツとか、血圧を押させる食事などなど・・・ 

いろいろと渡されるパンフレットなかなか読めそうで読まないのがこのパンフレットですかね・ 

また食事療法に関しては ”一度奥さんといっじょに聞くように”と言われるのですがなかなかその機会に恵まれません。 

現在は糖尿病までは発症していませんが、狭心症の治療中でもあり日頃の食事等にも影響しますので指導を受けたいと思っています。
This entry was posted in 治療. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>