糖尿病の冬場のウォーキングで気を付けたいことは?

糖尿病の治療の一つに運動療法があります。
また”糖尿病は歩いて治す。
といわれるほど運動療法は効果的だといわれているようです。



そんな運動療法も気を付けたいのが冬場、寒い時期のウォーキングなどです。
冬に発症しやすい病気のうち、もっとも重大なものとして血管障害(心筋梗塞・脳卒中)が挙げられます。


これらの原因のひとつは、低温環境そのもの、あるいは室内外の気温差が刺激になって脳や心臓へ負担がかかることだ。



血圧は季節によって変動するが、特に冬場は血圧が上昇しやすいことが知られています。
その理由は次のようなことだ。


・寒さを感じると、体温の発散を防ごうとして血管は収縮し、血圧が上昇する。
・冬は運動不足になりがちで、肥満になりやすい。肥満は高血圧に影響する。
・冬場はクリスマスや忘年会など、食べすぎや飲酒の機会も増えることも、血圧を上げる要因となる。


寒さで交感神経は緊張し、全身と心臓の血管が収縮し、血圧が高くなりやすくなる。
さらに、血圧が高くなれば心臓に負荷がかかり、狭心症や心筋梗塞が誘発される危険性が高くなる



寒い冬の運動は、時間の余裕をもって、ウォーミングアップをし、楽しみながらやることが大切。
歯を食いしばって頑張る、というのはなるべく避けよう。


糖尿病の運動療法 ジョギング

糖尿病の運動療法 ジョギング


糖尿病の治療のためにと無理してのウォーキングなどで血管障害で倒れては何のための運動療療法かわかりません。

ウォーミングアップを十分に行い、いきなり寒い屋外に出ないようにすることが重要です。
首、手首、足首が外気にふれると、肌から熱が逃げて体温が下がる。
風の侵入を許さないよう手袋やマフラー、レッグウォーマーなども活用しよう。



また、冷たい空気をいきなり肺に吸い込むと気管支が収縮する。
マスクをして外に出るようにするなりしていきなり冷い空気を吸わない工夫も冬場の運動療法には大事なことです。
This entry was posted in 治療. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>