糖尿病の運動療法は長続きがコツ

運動療法には、インスリンの働きを良くしたり、エネルギーとしてブドウ糖を使うことにより血糖値を下げる効果があります。

一番大切なことは長続きできる運動を生活の中にうまく取り入れることです。
でも、体調が思わしくないときや、運動中に様子が「おかしいな。。。。」と感じたら無理をせずに中止し、主治医に相談しましょう。


私は海辺を散歩コースに選んで、好きな釣りを見ながら楽しく散歩しています。
運動療法の中に何か趣味的なものを含めれば長続きできますね。

運動療法に取り組む前にはメディカルチャックを受けましょう。
自分にあった運動を選ぶことが大切です。

1日最低15分くらいを目安に「歩行」も立派な運動です。
自分の都合の良い時間を決めて毎日おこないましょう。

体重60kgの人が100kcalを消費する運動と時間
ウォーキング 25分前後
ジョギング  10分前後
テニス    10分前後
ゴルフ    20分前後
自転車(平地)20分前後
水泳(クロール)5分前後

This entry was posted in 治療. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>