糖尿病の怖い怖い合併症

全身くまなく現れる合併症

糖尿病による悲劇をさけるためには、その合併症について正しく理解することが不可欠です。

糖尿病で病院に行って、コントロールが悪いと「目が見えなくなる」とか 「腎臓が悪くなって透析を受けなければならなくなる」などと脅かされた方も多いことと思いますが、実際に途中失明や透析導入の原因の ナンバーワンが糖尿病なのです。

このような糖尿病による目の病気(糖尿病性網膜症ーー実際に途中失明の原因の ナンバーワンが糖尿病なのです。)

腎臓の病気(糖尿病性腎症)に、 糖尿病による手足のしびれなど末梢神経の病気(糖尿病性神経障害)を加えた三つを昔から糖尿病の三大合併症と呼んできました。

糖尿病合併症

糖尿病合併症


また、糖尿病のコントロールが悪いと、細菌などに対する抵抗力が弱まり、ひどい感染を起こす危険が増すことなども有名な話です。


実は、それ以外にも糖尿病の合併症にはさまざまなものがあり、 体中のあらゆる所に出現すると言っても過言ではありません。 
では糖尿病の合併症にはどのようなものあがあるのでしょうか?


糖尿病の合併症

・脳 ーーー  動脈硬化・脳梗塞
・目 ーーー  網膜症・白内障・緑内障
・顔 ーーー  顔面神経麻痺
・呼吸器 - 感染症・感冒肺炎・肺結核
・心臓 -- 動脈硬化・心筋梗塞
・腎臓 -- 腎症
・皮膚 -- 皮膚症・感染症
・泌尿器ーー インポテンツ・尿路感染症・膀胱炎・排尿障害
・神経 -- 末梢神経障害
などなどの多くの合併症があります。
中でも3大合併症と言われるのが。網膜症・腎症・末梢神経障害などです。

This entry was posted in 合併症. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>