糖尿病がもたらす合併症の一つに狭心症があります。

糖尿病はさまざまな合併症を起こしやすい病気ですが、「狭心症」もその1つです。

約10年前に不安定性狭心症で初診時に緊急入院、緊急手術で冠動脈にステント留置という処置をしました。

その後、ステント留置部の前部に再度の狭窄が起き場所的に厄介な場所だったことからパイパス手術か、再度のステント留置かが検討され・・・検討の結果、再度前回のステント部に一部重ねてステントを留置することになりました。

手術は成功しその後、後遺症もなく元気に過ごしています。

現在は投薬治療のために、2週間~3週間毎に通院しています。

問診でよく言われるのが食事についてのアドバイスです。また糖尿病の食事レシピなどのパンフレットはよく渡されます。

【中古】【メール便可】毎日使える 糖尿病の食事レシピ / 鈴木順子

同時に病院内で行われる食事に対する注意点などの説明会(?)を家内と一緒聞くようにアドバイスされています。

糖尿病の合併症などについてもいろいろとアドバイスされます。

また食事についての注意もあり、糖尿病の食事レシピのパンフレットなどはたくさん渡されます。

狭心症の場合は糖尿病・動脈硬化などにも注意が必要です。

そのために食事は大事な項目の一つですが、またなかなか守れないのも食事療法かもしれません。

狭心症とは?

心臓は筋肉の塊のような臓器です。24時間休みなく拡張と収縮をくり返して全身に血液を送り出しているため、常にたくさんの酸素や栄養を必要としています。その心臓の筋肉に血液を送り込み、酸素と栄養を供給しているのが、「冠動脈」という血管です。

毛細血管のような細い血管は網目状につながっているので、どこか1か所がつまってしまっても他の血管から血液が流れます。しかし、冠動脈を含めた太い動脈は必ずしもこうした構造になっていません。そのためどこかに血行障害が起きると、そこから先へは十分な血液が届かなくなってしまいます。

「狭心症」とは、冠動脈の内腔(ないくう:管状器官の内部)が狭くなって血流が悪化し、心臓の筋肉(心筋)に十分な酸素が送られなくなった状態のことを呼びます。

This entry was posted in 合併症. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>