糖尿病 なぜ怖い?なぜ恐ろしい?

糖尿病をそんなに真剣に、また深く考えない時期がありましたが、知人が合併症で一人は光を失い、一人は足を失った状況を見て改めて糖尿病の怖さ、恐ろしさを知りました。

全ての糖尿病患者が、重症化して光を失ったり、足を切断せねばならないとは限りません。が、

糖尿病の合併症から重症化すると失明、足切断ということもありうるのが糖尿病の怖いところであり恐ろしい病気です。

 
高血糖の状態を長く放っておくと、全身にさまざまな障害が起こってきます。

糖尿病の合併症には細小血管障害、大血管障害がります。

合併症が進展すると、生活に支障をきたす重大な状態になることも少なくありません。

 

 

糖尿病合併症

糖尿病合併症

細小血管障害

失明原因の上位を占める 糖尿病網膜症

眼の奥にある網膜の細かい血管に障害がおこるもので、初期には自覚症状がなくじわじわと進行し放っておくと失明にいたります。
・糖尿病神経障害

高血糖が続くと神経が障害されやすくなります。
・透析導入の原因疾患の1位は糖尿病腎症
大血管障害

糖尿病の人は心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすい

大血管障害とは太い血管におこる動脈硬化です。
放っておくと心筋梗塞、脳梗塞を引き起こすことがあります。
・動脈硬化による血流障害で壊疽を引き起こします。

小さなケガ⇒⇒発見が遅れて悪化⇒⇒気が付いたら壊疽に!
重症化して足を切断というようなことにも発展します。

 
糖尿病ミニミニ辞典 --血糖コントロールが大切な理由

糖尿病の人は健康な人の約2倍もの心臓病、脳卒中を起こす割合が増えるといわれています。
合併症の予防、進展防止には結構コントロールがいちばんの近道です。

わたしは狭心症の治療中ですので特に糖尿病には気をつけています。

 

This entry was posted in 合併症. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>