糖尿病の症状に食後の異常な眠気があります。

糖尿病の兆候に我慢できないと感じるほどの眠気、また特に食後に異常な眠気を感じることがあります。

眠気は糖尿病に大きな影響があり、血糖値の急激な変化によって異常な眠気を起こすことがあります。

 

糖尿病になると、日中ずっと眠気があり、だるくてやる気が出ない、などとうったえる人が多いです。
それはどういった原因が考えられるのでしょう。

 

糖尿病になると併発することが多いさまざまな神経障害から、睡眠の質が低下したり、肥満が主な原因となって睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害を起こす人が多いということが理由のひとつに考えられます。

 

睡眠の質を低下させる恐れがある糖尿病の神経障害には以下のようなものがあります。

・手足が痛い、しびれる
・吐き気、胃もたれ
・便秘、下痢などの胃腸障害
・発汗異常
・顔面麻痺
・こむら返り
・膀胱障害

健康な人でも、ご飯を食べた後は眠くなることがよくあります。それは、血糖値の上昇とは関係がない場合が多く、消化のために内臓に血液が集中し、脳に血液があまり行かなくなるために、ぼーっとしたり眠気を感じたりするのです。

 

ところが糖尿病の人が食後に特に強い眠気に襲われる場合は、血糖値の極端な上がり下がりが関係しています。

食後は誰でも血糖値が上昇しますが、糖尿病や糖尿病予備軍の人は血糖値の上昇が普通の人よりも大きいのです。

そこでインスリンの働きや血糖値を下げる薬などにより血糖値が下がり、低血糖状態になったときに眠気を感じやすくなります。

 

また、高血糖そのものが眠気を誘う要因となっている場合もあり、食事制限により普段から血糖コントロールをしている方が、たまに糖分の多いものなどを口にすると、一気に血糖値が上がり、それ自体が体に負担となり激しい眠気に襲われるようです。


【当日出荷】【レビューでQUOカード♪】仰向けではなく、いつも横向きで眠っている方にオススメ…

また糖尿病でなくとも猛暑日の続いている昨今、睡眠中に熱中症になる場合もあるそうです。
上手な睡眠をとるには室内温度も重要です。
エアコン、氷枕なども利用して心地よい睡眠をとれる環境を作ることもこの暑さを乗り切るコツです。

 

This entry was posted in 合併症. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>