糖尿病の合併症が怖い。

糖尿病に怖い合併症

糖尿病に怖い合併症

糖尿病の本当に怖いところrは合併症なんです。
合併症とは、その病気が源になって起こる、別の病気や症状が合併症です。
糖尿病は初期の段階では表だって症状が現れないのですが、気が付けば合併症が進んでいたというのが怖いところです。



糖尿病の三大合併症は、「網膜症」「腎症」「未梢神経障害」ですが、いずれの場合もゆっくり進行します。気が付けば重症化しているというとても怖い病気です。



また脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化を起こすほか、若い人でも白内障になったり、足の壊疽(えそ)から切断というような重症になりやすい要素を含んでいるのが糖尿病です。



また糖尿病が進行すると風邪にかかりやすくなるなど、身体の抵抗力が低下したり、病気に侵されやすく、重症化して生命の危機をともなうこともあるので注意が必要です。



こんな怖い糖尿病なのに、なぜか糖尿病治療、例えば食事療法、運動療法などにおいてもなかなか長続きしないのが糖尿病の治療ではないでしょうか?



初期の段階では症状にも現れにくいのです。
実はこれが一番怖いところなんですね。



身体の一部が痛むのであれば真剣に治療に取り組むのでしょうが、特別どこが痛むわけでもなく、それなのに好きな物も食べられず。。。。でついつい。。わかりつつも辛い物、また糖尿病にはよくないであろう食事に手が出てしまう。。。。
これが食事療法の難しいところですね(個人的な意見です。)

 

This entry was posted in 合併症. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>