糖尿病の前兆を見逃してはいけません。

自覚症状が出にくいと言われる糖尿病ですが、日頃から気をつけていると糖尿病の前兆らしく下記のような症状があります。

 

自覚症状が出た時には病気相当に進行していると言われる糖尿病ですが、日頃から気をつけていると下記のような症状に気づくと思います。
それは糖尿病の前兆です。

 

・ダイエットをしているわけでもないのに急に痩せた
・のどが渇き、大量に水分を飲むようになった
・トイレ(尿)に行く回数や量が増えた
・体がだるく、疲れやすくなった
・尿の臭いが気になる
・手足のしびれを感じるようになった
・足がむくんだり、重く感じたりするようになった
・食欲が異常に増えた
・甘いものが急に食べたくなる
・傷の治りが遅くなった
・立ちくらみするようになった
・視力が落ちたような気がする
・便秘や下痢が続くようになった

 

糖尿病の前兆を見逃してはいけません

糖尿病の前兆・予兆、初期症状とは?

その胸焼けの症状は糖尿病かもしれない。

 

ただし、こういった症状に気づいたときには、糖尿病が、ある程度進行してしまっている可能性があります。
糖尿病とは、血糖値が慢性的に高くなる病気ですが、初期段階では、高血糖が続いても、ほとんど自覚症状はありません。

 

しかも、生活習慣病といわれる「二型糖尿病」の場合は、進行がゆるやかなのです。
このため、「はっきりした自覚症状がなく、異変に気づきにくい」というのが、糖尿病の特徴です。

 

また上記のような症状があるにも関わらずついつい病院に行くのをためらったり、またその症状に違和感を感じなくているうちに病は進行して行くのです。
それが糖尿病の自覚症状が出にくいと言われるところかもしれません

 

そして糖尿病も進行するととんでもないハンデを背負う病なのです。
糖尿病の進行によっては光を失ったり(失明)、足を切断せねばならない自体にまで発展するのが糖項尿病です。
上記のような項目に違和感を感じればまずは糖尿病の検査をしましょう。

This entry was posted in 症状. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>