糖尿病の前兆・予兆、初期症状とは?

初期症状が出にくいと言われる糖尿病ですが、日頃から注意していれば糖尿病の前兆と言うか、予兆と言ううか?糖尿病独特な症状があります。

 

糖尿病の前兆・予兆を見逃さないように日頃から気をつけておきましょう。
気がついた時には糖尿病が進み足を失うというような最悪の結果を避けるためには糖尿病の前兆を見逃さないことです。

 

糖尿病の前兆(症状)-1
のどが乾き、水分を多く取り、尿の回数や量が増える
糖尿病の患者さんは、血液中の糖濃度を下げるインスリンというホルモンが足りない(または、出ていても、働きが弱い)ため、血液中の糖濃度が高い状態が続きます。
そのため、体は、糖濃度を下げるために大量の水を飲んで下げようとします。
その結果として、大量の尿が出ます。血糖値が下がらない限り、飲んでも飲んでも尿として出る一方なのです。

 

糖尿病の前兆(症状)-2

体がだるく、疲れやすい

 

 

糖尿病の前兆(症状)-3
食欲はあるが痩せてくる
糖尿病が悪化してくると、糖分のかわりに筋肉や脂肪を燃料とするため、体重が急激に減ります。

 

 

糖尿病の前兆(症状)-4
血液の流れが悪くなる
糖尿病の患者さんが起こしやすい動脈硬化によって、特に足指の血液の流れが悪くなり、「壊疽(えそ)」といって、指が腐ってしまい、切断しなければならなくなることさえあります。

また糖尿病を診断されれば小さな足の怪我などにも注意しましょう。元は小さなケガか糖尿病と合併症を起こして壊疽につながることがありますので足の怪我は注意深く見守りましょう。

 

This entry was posted in 症状. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>