糖尿病リスクを低下させるドライフルーツ・プルーン

カリフォルニアプルーンが糖尿病のリスクを低下せせる。
糖尿病は日本国内で890万人、予備軍を合わせると2210万人の患者がいると推定されています。
世界中でも糖尿病は増え続け、国際糖尿病連合(IDF)によれば世界全体では3億6,600万人が糖尿病にかかっていると推定され、その数は世界全体で2030年までにおよそ5億5,200人に増えることが見込まれてるという。

糖尿病は決して他人事ではないあなたに近づきつつあるのが糖尿病。

 

そんな中、カリフォルニアプルーン協会は、プルーンなどの加工していない果実を食べることで、糖尿病発病のリスクを防げる可能性があるという研究結果を発表した。

 

すでに、カリフォルニアプルーンを毎日100g(種抜きプルーン10~12粒)食べると、消化器系の健康に効果があることは、欧州食品安全機関(EFSA)によって名言されている。

しかし、今回新たに発表された内容によると、フルーツジュースを摂取する代わりにプルーンやドライフルーツなど未加工の果実を食べることで、糖尿病のリスクを低減することが判明したのだ。

 

反対にフルーツジュースの摂取量が多いと2型糖尿病リスクが増大するという相関が判明した。、

意外と知られていないのかもしれないが、フルーツジュースには糖分がたっぷり含まれている一方、非常に大事な食物繊維は取り除かれてしまっている。

 

「フルーツジュースは一切飲むな」とは言わないが、毎日欠かさず飲んでいるという人は、少しずつ未加工の果物を取り入れるようにしたほうがよいかもしれない。

自然な甘さと独特の噛みごたえをもつカリフォルニア プルーンは、材料として調理するとバニラに似た風味を与えます。

 

脂肪分ゼロ、コレステロールゼロの手軽で便利なエネルギー源として、糖尿病の予防としてプルーンは今日の健康的なライフスタイルに欠かせな食物といえるのかもしれない。

 

 

This entry was posted in 糖尿病の食事. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>