糖尿病を予防する食事にはごぼう

ごぼうは根菜類の代表的な野菜で糖尿病のみならず健康食には欠かせない食材ですが、中でも糖尿病に効果的な野菜にごぼう、玉ねぎなどがあります。(玉ねぎについては別コーナーで書いてます。)

糖尿病予防。治療に玉ねぎが効果的

 

糖尿病の食事の予防食材としてのごぼうの効果とは?


★ ごぼう

・水溶性食物繊維、不溶性食物繊維の両方が半々くらいで含まれていて、タンニンが含まれていますので、血糖値を下げる働きがあります。

 

・インスリンの構成成分であるマグネシウム、亜鉛が含まれています。


・不溶性食物繊維のおかげで便秘の解消は糖尿病だけでなく、大腸がんの予防につながります。


・ごぼうの不溶性食物繊維の働きにより、腸内の水分を吸収し、ブドウ糖も吸収するので、急激な血糖値上昇を抑えられます。


善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。
血中コレステロールが正常に保てます。

ごぼう料理 糖尿病

糖尿病の食材にはごぼう


などなど野菜の中でも糖尿病にはうてつけの食材でっしょう。
不溶性食物繊維であるセルロースやリグニンなどは、100g中に8.5gもあります。不溶性食物繊維は、腸の中で水分を吸収して便通をよくしたり、腸内のビフィズス菌の生成を促進させたり、ビタミン合成を活性化させます。


特にリグニンは、米の約30倍の水分吸収率があります。糖尿病の大敵である便秘を解消するだけでなく、大腸ガンの予防にも大きな効果が期待できます。


不溶性食物繊維は、腸内で糖質の吸収を抑える
ごぼうの不溶性食物繊維には、糖尿病を予防する働きがあります

 

This entry was posted in 糖尿病の食事. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>