糖尿病の食事療法に欠かせない野菜の食べ方

糖尿病 食事療法 野菜  316000

糖尿病の食事療法はなかなか続かない、困難、味気ないなどと思っている糖尿病患者は多いと思いますが、ある実験により「野菜を先に食べる」という簡単な方法で、糖尿病などの予防・改善が可能となることがわかった。食後高血糖と血糖変動を抑える簡単な食事指導が期待されている

 

食後の血糖値を上げるのはカロリーではなくて、食事に含まれる炭水化物です。
野菜そのものにはそれほど多量の炭水化物はありませんが、果物にはかなりの量があります。

 

糖尿病コントロールが悪いと多尿になりますが、この時からだに大切なミネラルもたくさん失ってしまいます。

先般、糖尿病とマグネシウムの意外な関係という論文を読んだことがありますが、気づかない多尿がマグネシウム欠乏をもたらして脱力感やカルシウム不足、神経障害を伴うというものでした。

 

このマグネシウムは野菜の『葉緑素』の中心にあるミネラルですから、グリーン野菜の生ジュースは願ってもないマグネシウム源です。

 

マグネシウムが多いものは、ホウレン草やカブや大根の葉、コマツナやブロッコリなどです。
これらを生ジュースにしましょう。
市販の野菜ジュースには味をよくするために、かなりの果物が入っている場合があるので注意しましょう。

 

ジュースだけ搾るのはもったいないですね。そこでハンドミキサーの世界の名品『バーミックス』で野菜をなめらかに”スームージー”にして、『食べる野菜ジュース』にすることです。

【ポイント10倍】【プレゼント付き】【安心の正規販売店】『スープとジュース』の本+スポンジワ…

野菜嫌いな子供にも最適ですね。

This entry was posted in 糖尿病の食事. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>