糖尿病の食事に麦飯で予防・改善

糖尿病の予防・改善の食事に麦飯が見直されています。
昔は弁当に麦飯が入っているとなんとなく恥ずかしくも感じた時がありました。
(。。ということは相当な年齢です。。(笑)

今は糖尿病予防・改善・治療にも麦飯が推奨されています。
また欧米化した食生活を見直すためにも麦飯を取り入れるのも一つの方法かと思います。


白いご飯(精白米)と麦飯では、栄養価の構成に大きな違いがあります。 
例えば「麦3割・白米7割」の麦飯と、白米100%のご飯では、お茶碗一杯(200g)あたりの食物繊維に4倍以上の差が。
仮に1日3食全てを麦飯にすれば、主食だけで7.8gもの食物繊維を摂取できます。
麦飯 糖尿病の食事 腹八分目

麦飯 糖尿病の食事 腹八分目

1日あたりの食物繊維の摂取基準(※1)は、18歳以上の男性で19g、女性で17gですから、そのうち40%以上を麦飯でとることができます。
食物繊維を十分に摂取することは、糖尿病や心筋梗塞リスクの低下につながり、便秘対策にも有効です。


さらに麦飯には、「β-グルカン」という水溶性の食物繊維が含まれています。β?グルカンの特徴は、ねばり気が強く、ゆっくりと消化される点。食後の血糖値の抑制や、コレステロール吸収を抑えるのに効果があります。

 

麦飯の強みは、これだけではありません。 
麦飯には、ビタミンB1も豊富に含まれています。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える上で必要な栄養素。ビタミンB1が不足すると、疲労やむくみ、ストレス、集中力の低下を招きます。

 

これら豊富な栄養素に加え、白米に比べて「噛みごたえ」があることもポイント。満腹感が得られやすく、腹持ちも良くなるため、空腹時のドカ食いで血糖値が急上昇することを防ぎます。
まさに、糖尿病やメタボ対策にぴったりの主食です。
This entry was posted in 糖尿病の食事. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>