糖尿病の食事療法は塩分制限から・・

自分なりに糖尿病の食事療法の難しさを考えてみると、塩分制限の食事がつらい・・・なにより辛くて濃い味付けのものが好きで。何かにかけて、塩分の取りすぎ、焼き魚などはまるで魚が醤油の中を泳いでいるがごとくに醤油をかけています。
家内からは味がわからない証拠だといわれながらも塩と醤油。。いくら塩分制限と言われてもつい手が出てしまう塩と醤油。。。

 

糖尿病でなぜ食事療法は必要なのかということになりますが・・・・
食べ過ぎると血液の中の栄養(ブドウ糖)が過剰になり、インスリンは疲れ、働きが一層足りなくなってしまいます。

 

結果として、血糖はさらに乱れて上昇します。
さらに肥満、高脂血症等、別な病気を招きます。

食事療法でコントロールが上手くいけば、薬を服用する必要性やインスリン治療の必要性も回避できるかも知れないのです。

 

また糖尿病患者さんが1日に摂取する食事の適正量は、その人の身長、体重、年齢、性別や仕事内容などを考慮し主治医が決定します。

これを1日の指示エネルギーといいます。
この指示エネルギー量で、1日に何をどれだけ摂取するのか、朝食・昼食・夕食・間食でどれくらいずつ摂取するのかを、食品交換表を使用して配分します。

1日の適正エネルギー(kcal)=標準体重(kg)×活動量
*標準体重=身長(m)2×22
(例)160cmの人なら、1.6×1.6×22で56kg
*活動量(目安):軽い活動(事務職)なら25~30
中等度の活動なら30~35、重労働なら35~

★食品交換表とは?

糖尿病食事療法のための食品交換表 / 日本糖尿病学会 【単行本】

~全国の医療機関で使用されています~

「バランスのとれた食事を摂りましょう」と言われて、野菜だけをたくさん食べてたり、太るからといって油や肉を食べないというやり方では上手な食事療法とはいえません。

私たちが日常摂取している食品にはそれぞれ栄養素があり、適正量をバランス良く摂取していかなければなりません。その計算を誰もが簡単にできるようにしたものが、「食品交換表」です。

 

This entry was posted in 糖尿病の食事. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>