糖尿病は定期検査で初期症状の見落しを防ぐ

糖尿病の初期症状の見落としがとんでもないことになって。。。。

身近に糖尿病で苦しんでおられる方が居るだけに、ますます糖尿病の怖さを実感しています。
糖尿病のために光をなくされた方、一人は糖尿病の進行から足を切断され不自由な生活を虐げられています。

なんとお慰めして良いのやら。。。。

どちらの方も病院に行った時には手遅れの状態だったとか、もっと早くに定期検診で初期症状を発見できていれば。。。。
定期検診で見落としがなければ。。。

怖い糖尿病、厄介なことに初期の段階ではなかなか自覚症状が現れにくいのがなんとももぞかしいですね

糖尿病は「検査の病気」と呼ばれ、治療を始めたら常に経過を観察することが大切です。

糖尿病は自覚症状が乏しいため、定期的に検査をすることによって、血糖コントロールの状態や合併症が起きていないかなどを
知ることが出来ます。

血糖コントロールの良し悪しは、血糖値やHbA1cから評価します。

血糖値とHbA1cについて

検査の種類 -血糖値ーそのときの血糖の濃さ 良好  
                          空腹時   120mg/dl未満
                          食後2時間 160mg/dl未満

                      まあまあ
                          空腹時   140mg/dl未満
                          食後2時間 200mg/dl未満

検査の種類ーHbA1cー 過去1~2ヶ月間の血糖コントロール状態

                               良好 6.0% 未満
                             まあまあ 7.0% 未満

糖尿病ミニミニ辞典

HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)とは?
ヘモグロビンは赤血球の中にあって酸素を運ぶ働きをしています。

このヘモグロビンにブドウ糖がくっついたものをHbA1cといい、血糖値が高くなると増加します。

HbA1cを見ることによって、過去1~2ヶ月の血糖コントロールの状態を判定することができ大切な指標となります。

●合併症の予防と早期発見の為の検査

目の検査、尿検査、血液検査、血圧検査などを行いながら、上手に血糖コントロールができれば合併症を防ぐことが出来ます。

・眼底検査(糖尿病網膜症のチェック)
・尿中アルブミン、尿蛋白、血清クレアチニンなどの腎機能検査(腎臓のチェック)
・腱反射、振動覚、神経伝導速度の検査(末梢神経障害のチェック)
・足の検査(足の壊疽のチェック・予防)
・血清脂質検査、血圧検査(動脈硬化危険因子のチェック)
・心電図、心エコー検査、胸部X線撮影(狭心症、心筋梗塞のチェック)
・脳のCT,脳のMRI検査(脳梗塞チェック)
・GOT、GPT、Y-GTPなどの肝機能検査(肝臓チャック)

●自宅でも簡単にできる検査があります。

検査の中には通院時の定期検査だけでなく、自宅でも簡単に出来るものもあります。
たとえば、尿検査紙を使う尿糖検査や簡易な血糖測定器を用いて血糖値を測定する血糖自己測定などがあります。
いずれも主治医や看護師と相談したうえで効率的に行いましょう。

Posted in 糖尿病とは | Leave a comment

糖尿病では爪切りにも注意が必要です。

糖尿病の方はたかが足の爪切りといえども慎重になさってください。

爪切りのちょっとした深爪とか、切りすぎによる部分からの潰瘍や壊疽(えそ)という病気(糖尿病足病変)にかかる場合もあります。 


糖尿病の方はちょっとした足の怪我、爪切りも含めて日頃から注意が必要です。 

・化膿の恐れがあるため、ケガや火傷には十分注意すること
・深爪すると化膿しやすいため、爪の手入れはヤスリで行うこと
・魚の目やタコは自分で削るとケガや化膿のもとになるため、医師にキチンと処理してもうらうことなどなど 

年間約3000人の方が糖尿病で潰瘍や壊疽(えそ)という病気(糖尿病足病変)に進展して足を失っているというのが現実です。 

 


糖尿病の三大合併症は、「糖尿病性網膜症」、「糖尿病性腎症」、「糖尿病性神経障害」、の 3つです。 


・糖尿病性網膜症とは?
目の網膜に障害が出る病気です。高血糖により目の毛細血管に障害が起きて、出血などを起こしてしまいます。
悪化すると網膜剥離(もうまくはくり)、最悪の場合は失明にいたります。 


・糖尿病性腎症とは?
腎蔵に障害が出る病気です。
腎蔵の糸球体と呼ばれる細かい血管の集まったところに障害が起こり、腎蔵の機能が低下してしまいます。
最悪の場合、腎蔵の機能が停止してしまい、透析療法が必要になります。 


・糖尿病性神経障害とは?
体中の神経に障害が起こる病気です。
特に、知覚神経、運動神経、自律神経に障害が起こり、体のいろいろな機能が鈍くなったり、痛みやしびれが起こったりします。 

 

余談ですが、
約1年ほど前にちょっとした油断から足の親指の爪切りで深爪になり、整形外科医に治療してもらう羽目になりました。
今でも状況がよくなく、爪がはがれるような状態です。 

 

糖尿病でなかったのでまだ不幸中の幸いですが、たがが爪切りと思っていては大変なことになることもあります。
爪切りにも注意が必要ですよ。
Posted in 治療 | Leave a comment

その胸焼けの症状は糖尿病かもしれない

糖尿病の初期症状として胸焼けなども起こりうるそうですが、胸焼けだけではまさかの糖尿病の症状には思いませんよね。

他にもちょっと思いつきにくい糖尿病の症状があります。


糖尿病の見逃してしまいそうな症状として胃もたれ・むかつき・下痢・便秘も糖尿病の合併症として1型糖尿病を20年以上治療している人の40~50%、長い2型糖尿病歴のある人の30~40%に胃の不全麻痺が起きると言われています。
これは自律神経障害の一つの症状です。

何となく感じる違和感から、以下のような症状はありませんか?・なぜか食欲があったり、なかったりする

・近頃少し太った、あるいは痩せた
・食後に低血糖になったり、食前が高血糖になったりして不安定
・お腹がはる、胸焼けがする、腹部のけいれんがある
・説明のつかない吐き気がある
・朝に消化不良の食物を嘔吐したことがある
・便秘や下痢がある。交互に起きることもある
神経障害 糖尿病 胸焼け

糖尿病の合併症に胸焼け症状


食事を始めて10分間ぐらいで食物(主に炭水化物)が小腸に移り始め、血糖値が上がります。低脂肪食なら1~2時間に血糖値がピークになります。

ところが糖尿病歴が長いと胃の運動をコントロールする自律神経がしばしばダメージを受けるようになります。
こうなると食物が胃に長く止まるのでいろいろな問題が起きます。

長い年月で少しずつ進むのでなかなか自覚できないものですが、これらも合併症なのでしっかり対応する必要があります。


糖尿病についていろいろ調べていると予期せぬ症状が実は糖尿病の初期症状であったりすることがあるようですね。
だから糖尿病の初期症状に気づかないのかもしれません。
胸焼けも糖尿病につながる症状とは知りませんでしたね~~


糖尿病の初期症状を見つけるにはこまめに健康診断を受けるのが賢明なのかもしれませんね。
Posted in 症状 | Leave a comment

糖尿病のパンフレットと指導書

糖尿病の予防にと指導要約などが書かれたパンフレットを渡されることがよくあります。

現在は狭心症の治療中ですが、その時に渡されるパンフレットは多義にわたります。 

指導要約的なパンフレットであったりまた狭心症、または糖尿病の概要を説明したパンフレットであったりと、いろいろな病名のパンフレットが先生の隣のワゴンの棚には山積むされています。 

各製薬会社が持ち込んだとパンフレットでしょう。
裏面には製薬会社名などが印刷されていますから。。。 

その中からその人の病名、糖尿病とか狭心症とか高血圧などなどその人の病名に関連するようなパンフレット、指導書を ”これ読んでおくように”と言って渡されます。 

次回に胃カメラの検査をするのですが、そのために今日は「胃」に関したパンフレットを渡されました。 

ここ数年間で渡されたパンフレットで多いのが高血圧のパンフレットです。
次いで多いのは食事関連の指導書的なものです。
レシピ表とか、食事療法の重要性について書かれたパンフレットもあります。 

 

糖尿病の食事療法とか、コレステロールを下げる食事のコツとか、血圧を押させる食事などなど・・・ 

いろいろと渡されるパンフレットなかなか読めそうで読まないのがこのパンフレットですかね・ 

また食事療法に関しては ”一度奥さんといっじょに聞くように”と言われるのですがなかなかその機会に恵まれません。 

現在は糖尿病までは発症していませんが、狭心症の治療中でもあり日頃の食事等にも影響しますので指導を受けたいと思っています。
Posted in 治療 | Leave a comment

糖尿病リスクを低下させるドライフルーツ・プルーン

カリフォルニアプルーンが糖尿病のリスクを低下せせる。
糖尿病は日本国内で890万人、予備軍を合わせると2210万人の患者がいると推定されています。
世界中でも糖尿病は増え続け、国際糖尿病連合(IDF)によれば世界全体では3億6,600万人が糖尿病にかかっていると推定され、その数は世界全体で2030年までにおよそ5億5,200人に増えることが見込まれてるという。

糖尿病は決して他人事ではないあなたに近づきつつあるのが糖尿病。

 

そんな中、カリフォルニアプルーン協会は、プルーンなどの加工していない果実を食べることで、糖尿病発病のリスクを防げる可能性があるという研究結果を発表した。

 

すでに、カリフォルニアプルーンを毎日100g(種抜きプルーン10~12粒)食べると、消化器系の健康に効果があることは、欧州食品安全機関(EFSA)によって名言されている。

しかし、今回新たに発表された内容によると、フルーツジュースを摂取する代わりにプルーンやドライフルーツなど未加工の果実を食べることで、糖尿病のリスクを低減することが判明したのだ。

 

反対にフルーツジュースの摂取量が多いと2型糖尿病リスクが増大するという相関が判明した。、

意外と知られていないのかもしれないが、フルーツジュースには糖分がたっぷり含まれている一方、非常に大事な食物繊維は取り除かれてしまっている。

 

「フルーツジュースは一切飲むな」とは言わないが、毎日欠かさず飲んでいるという人は、少しずつ未加工の果物を取り入れるようにしたほうがよいかもしれない。

自然な甘さと独特の噛みごたえをもつカリフォルニア プルーンは、材料として調理するとバニラに似た風味を与えます。

 

脂肪分ゼロ、コレステロールゼロの手軽で便利なエネルギー源として、糖尿病の予防としてプルーンは今日の健康的なライフスタイルに欠かせな食物といえるのかもしれない。

 

 

Posted in 糖尿病の食事 | Leave a comment

糖尿病で喉が渇くなぜ?喉が渇く原因は?

糖尿病になるとまず喉が渇く、–喉が渇くと水を飲む–喉が渇く原因は?
ごくごく当たり前のようですが、糖尿病の場合の喉が渇いて水を飲む量は半端じゃないようですね。
大量の水を飲むようです。

 

ではなぜ糖尿病になると大量の水を飲むようになるのかその原因は?

糖尿病になるとすい臓で作られるインスリンが減ったり効果が弱まったりして、処理し切れなかった血液中にブドウ糖が増えます。
すると糖濃度の高さを察知した脳が「水を飲め!」と体に命令を出します。
水分を取ることで血液を薄めようとするんですね。

ところが、いつまでたっても濃度は高いままなので、ずっと大量の水を飲み続けるようになります。
この繰り返しが糖尿病になると喉が渇き水を飲む原因につながるようです。



私もよく水を飲みます。
大量の水を飲みますがこれには訳がります。


約10年前に「不安定性狭心症」と診断されて即入院、即手術ということになりました。
その後、血液をサラサラにするためにもできるだけ水を飲むように言われました。

1日約2リットルの水は飲むと思います。


またこれも13年ほど前になりますが、「37年間の喫煙歴、1日多いときは3箱(60本)・・禁煙にチャレンジしたときに・・・
–吸いたくなったら腹いっぱい水を飲む–これを繰り返しました。
おかげで禁煙は成功しました。


上記2つの理由でここ10数年は水を飲む癖がついているのでしょうか?喉が渇かなかっても自動的にペットボトルに手ば伸びます。


当然ながら、トイレの回数も多くなります。
一見、糖尿病と間違えるほどの水をのみ、多尿現象に糖尿病を疑う、またはもしかして糖尿病では(?)と思って今回、血液検査などを受けました。



幸いに糖尿病にはかかってないということで安心しました。

特別に理由もないのに喉が渇いて大量に水を飲むようになると糖尿病を疑ってみる。また糖尿病の検査などもしてみるのがよいでしょう。

Posted in 糖尿病とは | Leave a comment

糖尿病に血糖値を下げるアーモンド

糖尿病で血糖値が気になるけれど、間食したいというとき、ぜひおすすめしたい食べ物が、アーモンドです。

 

アーモンドと言って、アーモンドの入ったチョコレートでは逆効果ですよ(笑)
実は私も知らなかったのです。
食塩・油不使用素焼きのアーモンドが18粒小袋分けで20袋360gの商品がcoopの商品にありました。

 

coopの注文時にこの1品を加えるようにしています。
またcoop以外でもネット上でも販売されています。

アーモンドの効用に血糖値を下げる働きがあり、インシュリンの分泌やその働きを助ける効果があるからです
・・・とは糖尿病に効果的だということですね。

他にも、アーモンドには、体脂肪、コレステロールを減らしたり、心疾患を予防するという効果もあるそうです。
また、栄養が豊富ですので、美しく痩せたいという人にもおすすめの食べ物だと言えます。

 

血糖値を上げたくないからといって、無理して空腹を我慢して間食をしないというよりも、お腹が空いたと感じる前にこまめに間食をとるようにしたほうが、実は、血糖値と体にとっては逆に良いと言えます。

なぜなら、空腹を我慢してからの食事というのは、ついついドカ食いをしてしまうことになりますし、空腹で血糖値が下がりきってしまっているところから、急激に血糖値が上がってしまいますので、体への負担というのもかなり大きくなってしまうからです。

 

またアーモンドの摂取の目安は代替10粒程度が目安と言われています。
糖尿病と診断されてしまうと食事療法から運動療法などを含めていろいろな制約の中で生活せねばなりません。

普段からバランスの取れた食事に規則ただしい生活を心がけて病魔が忍び寄らない健康体でいたいものですね

 

 

Posted in 糖尿病とは, 糖尿病の食事 | Leave a comment

糖尿病の食事は一日1600キロカロリーが基本

糖尿病の食事は一日1600キロカロリーと言われています。

糖尿病食は慣れないうちは味気ないものだと聞きますね。
私のように辛いものが好きで、好き嫌いのはげしい偏った食事をとる者には大きなストレスになるかもしれません。

極力糖尿病には気を付けて、食事制限。食事療法って事態にならないようにしたいものです。

糖尿病食の目安カロリー、一日1600キロカロリーという献立でいろいろなメニューが載っていますが、私からみると見るからに味気ないように感じます。


一般的な成人の一日の摂取カロリーが1800~2200キロカロリー前後なので、それよりも抑えなくてはいけないのはわかりますが、特に塩分量を抑えられているのが私にはちょっと味気ない食にように感じます。

糖尿病の食事は一日1600キロカロリーが基本

糖尿病の食事は一日1600キロカロリーが基本


狭心症の治療中ですので、食事療法といううか塩分量を控えた食生活になれるように指導されていますがなかなか守れないのが本音です。


糖尿病の食事の1600キロカロリーということですが、人によって体型も異なるわけですから、自分専用の目安カロリーも人それぞれです。


でも、自分専用の目安カロリーってわかりますか?
下記のような計算式から算出されるようです。

身長(m)×身長(m)×22(BMI)=標準体重

標準体重×生活強度=1日の摂取カロリー


この式を使えばあら不思議!自分専用の目安カロリーがわかります。
生活強度には下記の中で一番自分に近いものの数字を使います。


サラリーマン・主婦など軽労働の人…30
動きの少ない高齢者…25
工事現場作業員など重労働者…40




糖尿病と診断されればまずは食事療法、食事制限に取り組まなくてはなりません
また糖尿病に限らず健康のためにも普段から偏った食事は避け、食べ過ぎにも注意が必要です。
腹8分目の食事が肥満対策にも効果的です。
Posted in 糖尿病の食事 | Leave a comment

糖尿病の冬場のウォーキングで気を付けたいことは?

糖尿病の治療の一つに運動療法があります。
また”糖尿病は歩いて治す。
といわれるほど運動療法は効果的だといわれているようです。



そんな運動療法も気を付けたいのが冬場、寒い時期のウォーキングなどです。
冬に発症しやすい病気のうち、もっとも重大なものとして血管障害(心筋梗塞・脳卒中)が挙げられます。


これらの原因のひとつは、低温環境そのもの、あるいは室内外の気温差が刺激になって脳や心臓へ負担がかかることだ。



血圧は季節によって変動するが、特に冬場は血圧が上昇しやすいことが知られています。
その理由は次のようなことだ。


・寒さを感じると、体温の発散を防ごうとして血管は収縮し、血圧が上昇する。
・冬は運動不足になりがちで、肥満になりやすい。肥満は高血圧に影響する。
・冬場はクリスマスや忘年会など、食べすぎや飲酒の機会も増えることも、血圧を上げる要因となる。


寒さで交感神経は緊張し、全身と心臓の血管が収縮し、血圧が高くなりやすくなる。
さらに、血圧が高くなれば心臓に負荷がかかり、狭心症や心筋梗塞が誘発される危険性が高くなる



寒い冬の運動は、時間の余裕をもって、ウォーミングアップをし、楽しみながらやることが大切。
歯を食いしばって頑張る、というのはなるべく避けよう。


糖尿病の運動療法 ジョギング

糖尿病の運動療法 ジョギング


糖尿病の治療のためにと無理してのウォーキングなどで血管障害で倒れては何のための運動療療法かわかりません。

ウォーミングアップを十分に行い、いきなり寒い屋外に出ないようにすることが重要です。
首、手首、足首が外気にふれると、肌から熱が逃げて体温が下がる。
風の侵入を許さないよう手袋やマフラー、レッグウォーマーなども活用しよう。



また、冷たい空気をいきなり肺に吸い込むと気管支が収縮する。
マスクをして外に出るようにするなりしていきなり冷い空気を吸わない工夫も冬場の運動療法には大事なことです。
Posted in 治療 | Leave a comment

糖尿病の方へのお歳暮にお茶を選びました。

お歳暮のシーズンが近づいてきました。
日頃お世話になっている方への心づくしの品物をと考えているのですが、現在 糖尿病の治療中とか(?)で果たして今年のお歳暮の品に何を贈ろうかと迷っていました。

 

食事療法をされているようなのでちょっと迷うところです。
当然アルコールも幾分は控えておられることでしょう・・
お酒好きな方ではあるのですが、・・・・・

 

禁酒されてはいないようですが・・・今までのようにはいかず”週に3回は禁酒”していると本人は言っていますが。。。、

糖尿病の治療中だとわかっていながら(またお酒好きだとは分かっているのですが・・・・お歳暮の品として選ぶにはお酒を送るのはちょっと気が引けます。

 

いろいろと思案しましたが、思いついたのが「お茶」を選びました。
普段から手軽に飲むことができ、カロリーもないものが多いので、糖尿病の方も安心です。

その上、お茶に含まれるポリフェノール類はがんや動脈硬化、老化などを防ぐ抗酸化作用があり、健康に良い成分です。

お茶などはどの家庭でもあるとは思いますが、お歳暮として選ぶには、普段ではちょっと”もったいないな~”と感じる程度の高級なお茶などはいかがですかね。

 

普段買えそうで買えないのがちょっと1ランク上のお茶ではないでしょうか?
これなら糖尿病を気にすることなく、また奥様と一緒に世間話でもしながら楽しめるのではないかと思います。

 

またお茶にはピンからキリまでいろいろな高級品もあります。
今年のお歳暮で糖尿病に贈る品にお茶を選びました。

 

Posted in 糖尿病の食事 | Leave a comment