糖尿病調査-厚生労働省よりのデーターから・

糖尿病患者数の統計が平成25年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)より公表された。



厚生労働省の「2013年国民健康・栄養調査」の結果によると、糖尿病有病者(糖尿病が強く疑われる者)の割合は、男性16.2%、女性9.2%であり、50歳以降に割合が増えることわかった。


糖尿病調査

糖尿病調査



同調査では、「糖尿病有病者」はHbA1c(NGSP)値が6.5%以上であるか、また、糖尿病の治療を受けている人と定義している。



2006年調査に比べ糖尿病有病者は増加傾向にある。男性の6人に1人が糖尿病という結果が報告されている。


狭心症の治療で通院中ですが、待合室で年配の方の会話などがそれとなく聞こえてきますが、多くの方が糖尿病だと医師に言われての通院とか・・??







外に目を向ければ、世界の糖尿病人口は爆発的に増え続けており、2014年現在で糖尿病有病者数は3億8,670万人(有病率 8.3%)に上る。有効な対策を施さないと、2035年までに5億9,190万に増加すると予測されている。



国際糖尿病連合(IDF)の発表によると、2014年現在の世界の糖尿病有病数は3億8,670万人に上る。20~79歳の成人の有病率は8.3%で、12人に1人が糖尿病有病者と推定されている。



また、糖尿病を発症している可能性が高いにも関わらず、検査を受けて糖尿病と診断されていない人の数は全世界で1億7,900万人に上る。



これらの結果から見てもいかに糖尿病の症状に気づくのが遅れがちなのかが推測される
それは糖尿病の初期症状・自覚症状の見極めの難しさによるものなのかもしれない。

This entry was posted in コラム. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>