糖尿病の増悪因子、誘発因子を取り除いて豊かな生活を!

糖尿病は1つの原因で起こるのではなく、いくつかの遺伝素因にいくつかの環境因子が加わり発症する多因子疾患です。

 

糖尿病の増悪因子、誘発因子には体質、加齢、食生活(過食)、アルコール過飲、運動不足、喫煙、感染症、肝臓疾患、膵臓疾患、内分泌(ホルモン)疾患、悪性腫瘍、妊娠、手術、外傷、ストレス、一部の薬の副作用などがあります。

 

これらの増悪要因をじっくり眺めていると気をつければ改善できるのではないかと思われる増悪因子もあるようですね。

 

糖尿病予防に適度な運動

糖尿病予防に適度な運動

加齢はどうしようもないです。
また感染症とく疾患なども防ぎようがない増悪因子かもしれませんが、少なくとも食生活での食べ過ぎとかアルコールの過飲、飲み過ぎは抑えられますよね。

 

喫煙などは今は禁煙ブームでもあり本人の意思次第で禁煙をすることもできるでしょう
現在人に不足勝ちになる運動もちょっと気をつければ日々の生活の中で上手に運動を取り入れることもできるでしょう。

 

ストレスにおいても多少のストレスは現在病みたいなもので仕方のない部分もありますが過度のストレスを溜めに工夫はできることでしょう。

 
ストレスは糖尿病の増悪因子、誘発因子だけではなく、健康を害する要因の一つとして挙げられています。
薄毛、円形脱毛症ですらストレスが原因ではないかとされています。
ストレスの発散は各自、解消方法も違うでしょうが、自分なりに上手なストレス発散法を身につけたいものです。
糖尿病の増悪因子、誘発因子をじっくり見れば気をつければ増悪因子、誘発因子軽減をすることができるようですね。
糖尿病が発病してからでは遅いです。
発病する前にできるだけ増悪因子、誘発因子をとりのぞき豊かな生活を送りたいものですね

This entry was posted in 原因. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>