糖尿病と関わりの深い肥満と割合

肥満とは、体重に占める脂肪の割合(体脂肪率)が正常値をはるかに超えている状態のことをいいます。

肥満はインスリンの働きを妨げ。糖尿病を悪化させるほか、高血圧、高脂血症などの他の生活習慣病も合併させてしまうため、注意が必要です。

肥満から始まる生活習慣病は糖尿病をはじめ、高血圧、高脂血症は、動脈硬化を引き起こす危険要因です。
これらの因子は、一つ一つが軽いものであっても積み重なると加速度的に動脈硬化を進行させ、深刻な血管障害を引き起こしてしまいます。

その発症リスクは危険因子が(0)ゼロ)の人を(1)とすると因子が増えるごとに上昇し3~4個になると約30倍ものリアスに上昇してしまいます。


肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症の四つがかさなると「死の四重奏」と呼ばれるのはこのためです。
このような状態を回避するためにも、過食と運動不足に代表される、生活習慣の改善を図ることが何より大切です。

肥満度の判定法にはいくつかありますが、国際的によく用いられているのは、体格指数。BMI(Body Mass index)です。
一般的には、BMIが22のときもっとも病気にかかりにくく、理想的な数値といわれています。
一方、日本人では25歳以上のとき、生活習慣病にかかるリスクがたかまり、肥満と判定されます。


■BMIをはかってみましょう。

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=あなたのBMI

■理想の体重を出しましょう

身長(m)×身長(m)×22=あたなの標準体重(kg)


いろいろなダイエット法がありますが、決して無理なダイエットは逆効果です。
やはり過食は肥満につながります。腹7分程度の食事を心がければ肥満から解放されるのではないでしょうか?

 

This entry was posted in 原因. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>